香港見てきた – 香港民主化デモとか

EYECATCH

HK-0006

今はやりのSelfieです。 (ちょっと遅い?)

香港とマカオあたりを見てきました。
見たいものがあったり、買いたいものがあったり、だらだらしたかったりといろいろと目的はあったんですが、とりあえず香港デモ真っ只中だったので、そこから。

まず香港は・・・

現時点 (2014/11/22日現在) で、香港は極々一部を除いて通常営業な感じです。安全です。非常識な行動 (人を傷つける、ものを壊す、とか) をしなければ大丈夫だと思います。つまり普通の海外旅行と同レベルです。

なんかデモ隊もそうですが、それよりもカメラマンとか、スマホで写真撮ってるひととか、そういう人たちが目立っていっぱいいる感じです (僕もその一人でしたが)。まぁそういう意味では、デモ側の人たちの目論見は成功したという感じでしょうか。

デモについて

デモは九龍の旺角駅 (Mong Kok, モンコック) と、香港島・中環の金鐘駅 (ガムチョン, 英語名:Admiralty) のあたりで行われていました。どちらも道路がバリケードで封鎖されています。旺角は商店街の真っ只中にある感じで、金鐘は金融・官庁街なので少しカタい感じの街並みです。

旺角

旺角のバリケード

旺角のバリケード

場所は香港の半島部 (九龍) の、香港島に向かう途中あたりにあります。

旺角は商店街のようになっていて、観光客も現地の方もおそらく多い場所です。
ここの両脇にあるお店は多分、正直勘弁してくれみたいなことを思っている部分も多いはず。
ただまぁ、人がまったくいなかったり、歩行者は入れないようになっているわけではないし、通常営業もしている。

行ったときは平日昼~夕方ということもあってか、所々でスピーチ等している人はいるが、そんなに人が多い分けでもなく、デモ活動のようなこともしていなかった。比較的静か。

デモ隊バリケードと警察側

デモ隊バリケードと警察側

左側奥がデモ側のバリケードで、右側が警察側のバリケードと車列。対峙してはいるが、その間をフツーに歩行者が歩いている。

警察の車列

警察の車列

写真奥がデモ隊のバリケード。そこに向かって大量に警察車両が待機していた。

何かスピーチをしている

何かスピーチをしている

中国語?でスピーチしてました。警察も聞いているが、特にピリピリしたような空気があるわけでもなかった。

しかし中国語はさっぱりなので肝心の内容はまったく分からず。

旺角駅の出口屋根に登るマスコミの皆さん

旺角駅の出口屋根に登るマスコミの皆さん

もうとにかく人目もはばからず良い画を追求している感じですかね。今となってはこれが普通な感じになってる。

バス停にはられたビラ

バス停にはられたビラ

もうとにかくいろいろな手段で主張がされている。

ほとんど中国語なので読めずだけど、何となく雰囲気は伝わる。あと一応漢字なので多少意味はわかる。

黄色い傘 (デモのシンボル) をしているトトロ

黄色い傘 (デモのシンボル) をしているトトロ

ドラえもんとか、トトロとか、ハローキティとか、日本で有名なキャラクターも駆使されてます。

謎の人形

謎の人形

一人でも多く。

エラー的な感じ

エラー的な感じ

GTA 5から

GTA 5から

このあたりとか、全体的にみてやっぱ比較的クリエイティブな感じですね。見せることを意識しての結果ですかね。(それともただ遊んでるだけかもしれないけど・・・)

まぁ日本の原発デモとかなんか外国人がどうたらこうたらとか言ってる人たちも見習ったらいいんじゃないですかね。

なにかおそらく違う主張をしている人

なにかおそらく違う主張をしている人

メインストリームの主張に紛れて、 (多分) 違う主張をしている方々も見受けられました。この写真の人はなにか裁判かなにかで不当な扱いを受けたんでしょうか。なんかそんな感じの事が書いてある気がします

(多分) 香港デモの道路封鎖に対する抗議

(多分) 香港デモの道路封鎖に対する抗議

これはわかりやすい。きっと「道路を使用する権利を返せ!道路封鎖反対!」みたいなことが書いてあるに違いない。(←壮大に間違ってるかも)

金鐘

金鐘のデモ現場

こちらは官庁街・金融街の金鐘。
場所は香港島の北部・中環のやや東側になります。

金曜の夜だったんですが、こちらはすごい大量のデモ隊の人が居ました。また中心部で代わり代わりで演説を絶え間なくしていました。

マスコミ用ブース

マスコミ用ブース

きちんとマスコミ用のブースが用意されている。

救護所

救護所

救護所もあります。また学生と思しき人のレッドクロスつけたひととかがパトロールみたく歩いてたりもしてました。

デモ現場入り口

デモ現場入り口

入り口もなんか階段が作ってあって、ちゃんと整備されている。

この辺、なんかもう「安全に、かつ効率的に対外発信する」ということにちゃんとまっすぐ向かって、いろんな事がしっかりと考えられていて、なんかすごいです。
これは自律分散的に行われていることなんでしょうか。よく分かりません。

付箋がはられた壁

付箋がはられた壁

いろんなメッセージがはってありました。英語のメッセージが結構あったり、日本語のメッセージもちらほらあったりするので、これは外部の人がメッセージを書くところなのかもしれません。

Lineのキャラ

Lineのキャラ

香港ってLine多少ははやってんのかな。

警察が見張る

警察が見張る

ここでももちろん警察が見張っています。ただまぁこちらもピリピリした感じではなくて。ましてやドンパチ始まるような危険な空気感は一切無いです。

通常営業の張り紙 (KFC)

通常営業の張り紙 (KFC)

ケンタッキーもビラ張り場に利用されてしまっていますが、それでも写真右側にある「通常営業してます。入り口こっち」的な張り紙をはって頑張って営業してます。

付箋階段

付箋階段

なんか比較的観光地っぽい空気感が漂っているような、いないような。

ということで、未来の自由を勝ち取るため戦っている香港です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です